ネスカフェバリスタの情報を紹介しています

ネスカフェバリスタ

美味しいコーヒーのいれ方:水出しアイスコーヒー

投稿日:

coffee
豆を挽いたばかりの淹れたてのコーヒーがコンビニでも販売されるようになり、いつでもだれでも手軽に本格的な味を楽しめるようになってきました。
豆の焙煎にもこだわった世界的なチェーン店も日本全国に出店していて、そういった店を自宅と会社に続くサードプレイスとして、ゆっくりくつろいだ時間を過ごしながら温かいドリンクを楽しむ環境が整いつつあります。

外へ出れば手軽に美味しいドリンクを楽しめるようになったとはいえ、やはり自宅で自分で入れる事が出来るようになるに越したことはありません。

コーヒーの美味しい入れ方には時間が大切です。
豆を10グラムミルで丁寧に挽き、ドリップ用のペーパーにセットします。
細かく挽くと味がより濃く出ますし、大きめに挽くと苦みなどが減るので飲みやすくなります。
お湯は沸騰したてのお湯ではなく、98度くらいがちょうどよいと言われています。
豆にお湯をかける時は豆のふちからくるりと回しかけるようにして、豆全体がお湯を吸えるようにかけます。
この時豆がしっとりとするくらいにかけてあげて10秒ほど蒸らすのがポイントです。
蒸らす時間があることで豆本来の味を引き出す事が出来るので、この時間をしっかりと取るようにしましょう。
十分に豆を蒸らしたらお湯を注いでいきます。
豆がお湯の中で泳げるように、細いお湯をたっぷりと注ぎます。
やかんのような注ぎ口が太い物で一気に注ぐのではなく専用のケトルで細く少しずつ注ぐくとがポイントです。
泡が十分に立つ豆は新鮮です。
ゆっくりとうまみを抽出できるように時間をかけて淹れて行きましょう。

アイスコーヒーは氷に注ぐため、温かいコーヒーより濃い目に入れるのが大切です。
最近流行りの水出しのアイスコーヒーはじっくりとうまみやコクを引き出す事が出来る抽出法です。
好みの濃さにもよりますが早くても3時間程度、出来れば8時間ほどじっくりと時間をかけるのが良いので、夜にセットしておいて朝に出来上がるように作るのが一般的です。
夏の目覚めの一杯に、すっきりと冷えたアイスコーヒーが出来上がっていると一日のスタートも快適になります。

水出しの場合、気になるカフェインの影響はお湯で淹れる方法に比べて少なくなる上に、とてもまろやかな口当たりになります。
苦味や酸味、甘味などの大切な風味はしっかりと出ているのに、余計なえぐみや雑味が出ないので、じっくりと自ら抽出するこの淹れ方は、コクを味わうための最適の方法です。
ごくごくと飲みやすい出来上がりになるので、喉の渇きを潤す冷たい飲み物として最適です。
また、嬉しい事に、酸化をしにくい淹れ方なので多めに作っておいても長く変わらぬ風味を楽しむ事ができます。
最近では麦茶パックのように袋状のペーペーフィルターにコーヒー豆が入ったものも売っています。
麦茶のようにガラス瓶に入れて、水を入れて冷蔵庫にセットしておくだけで次の朝には美味しいアイスコーヒーを飲む事ができます。
袋状のペーパーフィルターだけも売っているので、豆は自分で用意して作る事も出来ます。
本格的な道具をそろえなくても手軽に楽しむ事が出来るのが水出しで作る時のメリットです。
タンブラーに淹れて持ち歩く人には、酸化しにくく風味の衰えが少ない上に、自宅で簡単にセットできるのでとても便利です。
本格的に水出しで作りたい人にはやはり豆を挽くところから自分でするのがおすすめです。
豆はなるべく深煎りのエスプレッソに近いローストの豆を使うのがおすすめです。
アイスコーヒーのすっきりとした苦みや酸味を楽しむ事が出来るのはやはり深煎りの焙煎が濃い豆です。
大体500mlの水に対し、豆は35グラムから45グラムがおすすめです。
豆を多めに入れると深く濃い味わいになりますが、苦みが苦手な人には豆を少なめにしてあっさりした味わいにするのがおすすめです。

道具にこだわる人は水出し用のポットがおすすめです。
ガラス製のポットにフィルターが付いたものがほとんどです。
ペーパーに吸い取られてしまう分がないので味がよりダイレクトに出ます。
マイタンブラーとして持ち歩けるような素材のものもあるのでとても便利です。
自宅で過ごす事のおおい人にも好評のタイプです。
豆はフィルターを引き上げることで簡単に捨てる事ができます。

また、ホットコーヒーと同じようなタイプのウォーター用のドリップポットも販売されています。
このタイプは鉾あの淹れ方に比べて時間と手間がかかるのですが、よりすっきりとした飲み心地とまろやかな風味を楽しむ事ができます。
最初に豆が十分に水を吸うまで数回に分けて水を注ぐ必要がありますが、その作業が終わったら上部から水がゆっくりとぽたぽた注がれるようになっています。
時間も手間も必要な淹れ方ですが、同じ豆で自分の好みの味が出せる淹れ方を試してみるのも楽しいです。
美味しいコーヒーを自宅でも淹れられるようになったら、自宅がカフェの代わりになるでしょう。
是非自分に合った淹れ方を見つけてみましょう。

-コーヒーの知識

Copyright© ネスカフェバリスタ , 2018 AllRights Reserved.