ネスカフェバリスタの情報を紹介しています

ネスカフェバリスタ

美味しいコーヒーのいれ方「ペーパードリップアイスコーヒー」

投稿日:

ペーパードリップアイスコーヒー
より美味しいコーヒーを味わうためには素材の鮮度と、丁寧に淹れることの大切さを知ることから始めましょう。

コーヒーは生豆の状態から焙煎し、さらに銘柄や飲み方に合わせた挽き方を選ぶことが大切です。
深煎りのコーヒーは、苦味が魅力になるため、挽き方もある程度細かくすると良いでしょう。

淹れ方にもさまざまな方法がありますが、家庭で最も手軽においしいコーヒーを淹れるには、ペーパードリップがおすすめです。

専用の道具はいくつか準備する必要がありますが、日常使いでも特段難しい手入れも要りません。

ペーパードリップは、その名の通り、挽き豆を紙製のフィルタを通してろ過して淹れる方法です。
必要な道具はペーパーフィルターを支えるドリッパーと、ろ過された液を受けるためのサーバー、そしてペーパーフィルターです。
より本格的な味を目指す場合は、細口のポットがあると便利です。
初心者の場合は、計量スプーンも用意すると良いでしょう。

いずれも専門店はもちろん、スーパーなど身近な店舗でも購入できるものばかりです。

ペーパードリップで欠かすことができないドリッパーはいくつか違う形や素材の商品が販売されています。
基本形は円錐状の陶器で、ろ過する部分が細長くなっています。これは一般的に販売されているペーパーフィルタがぴったりフィットする形状ですが、中には完全な円錐形のドリッパーもあります。
これを使用する場合は、もちろんフィルタも専用の円錐形のものが必要となります。

軽量なポリプロピレン製のものなどもありますが、扱いやすくペーパーフィルターの買い替えにも対応しやすいのはごく一般的な形のドリッパーです。
陶器で重みはありますが、サーバーの上に載せるときにある程度の重さがあるおかげで安定し、安全に淹れることができます。

消耗品はペーパーフィルターのみですが、これもスーパーやドラッグストア、コンビニなど身近な店舗で購入することができ、値段も高価なものはありません。
真っ白なフィルタや無漂白のフィルタなどいくつか品揃えがあるときは、自分の好みのものを選べば良いでしょう。

道具が揃ったら、早速自分でコーヒーを淹れてみましょう。

ドリップに使用する道具やカップは、基本的に温めておくことから始めます。
まずは、ポットにたっぷりのお湯を沸かします。

沸騰したら、ポットの蓋をあけて1分程待つと98℃のお湯ができます。これがドリップに最適な温度となりますが、待ち時間にできることはドリッパーやサーバー、カップを温める作業です。

沸騰した段階で、サーバーの上に設置したドリッパーのふちからお湯を注ぎ、全体的に温度がいきわたるようにします。
さらにサーバーに落ちたお湯をカップに移します。

1分後、ドリッパーにペーパーフィルタを設置しますが、このとき注意したいのがフィルタの載せ方です。
フィルタには縦と横、二辺に紙のつなぎ目があります。つなぎ目の部分をそれぞれ互い違いに折ってからドリッパーに載せると隙間なくしっかり密着させることができます。

ひと手間ですが、できるだけ隙間なく密着させることも味わいや香りに差がつくものと覚えておきましょう。

フィルタの上から挽き豆を入れます。1杯分で約10グラムの挽き豆が必要ですが、これをはかることができるのが、計量スプーンです。
しっかりと香りたつ専門店のような味わいを目指すならば、気持ち多めの豆を使いましょう。

挽き豆はふかふかの状態です。軽量で隙間ができやすいので、一旦フィルタの上に入れたら、ドリッパーの横からトントンとたたいて隙間をなくし、表面が平らになるようにします。

98℃のお湯を注ぎます。しかしここでも一旦待ち時間を作りましょう。
挽き豆全体を湿らせる程度にお湯を注いだら、1分時間を置きます。

この時間は蒸らし時間です。
しっかり挽き豆を開くようなイメージですが、仕上がりの味にかなりの差が出ますので、手間を省かず行いましょう。

1分が経過したら、いよいよドリップの作業です。
注ぐお湯はできるだけ細く、長く、そしてできるだけ小さな円を描くように心がけます。

お湯はドリッパーの広さにかかわらず、挽き豆が敷き詰められた場所の中心のみを円を描きながら通っていくイメージです。
新鮮な豆ほど表面が膨らんできます。

サーバーには2杯分や3杯分などの目安となるしるしがありますので、確認しながら注ぐ量を調整します。
必要な量まで到達しそうになったら、お湯を注ぐのをやめて、すべてのお湯がろ過される前にサーバーからドリッパーをおろしてしまいます。

最後までろ過すると、雑味の原因となります。

アイスコーヒーにして飲みたいときは、サーバーごと荒熱が取れるのを待ち、冷蔵庫に移します。
ハンドドリップでコーヒーを淹れるときは、計量スプーンよりも多めの豆、たっぷりのお湯を準備することが失敗が少なくおすすめです。アイスコーヒーの場合はさらに細挽きでたっぷりの挽き豆を使用すると良いでしょう。

-コーヒーの知識

Copyright© ネスカフェバリスタ , 2017 AllRights Reserved.