ネスカフェバリスタの情報を紹介しています

ネスカフェバリスタ

コーヒーを美味しくするカップ

投稿日:

コーヒーカップ

肌寒くなってきたこの季節、家に帰って飲む温かいコーヒーがより美味しく感じられます。
今回は「コーヒーを美味しくするカップ」を題材に、語らせて頂きたいと思います。

そもそもコーヒーが美味しくなるカップとは?

大きく分けて見た目・材質・使い方に分けられます。

カップの見た目

見た目はレストランで出された料理の彩りを目で楽しむように、美味しくする要素として重要です。
コーヒーの種類に合わせた色やデザインを選ぶのが、見た目で美味しく感じる秘訣です。
例えばブラックコーヒーには無地の白色容器が良く似合います。多くの喫茶店や珈琲の広告で見かけるように、珈琲の色を最大限に目立たせるには最適の配色と言えます。
また、ミルクを混ぜた時等の琥珀色の珈琲に対しては好みのデザインを選ぶ事が重要です。こちらは配色に合わせるのではなく、ご自分の気分に合わせるといった選び方をオススメします。
同様にアイス珈琲全般にも透明なグラスを選び、気分的に清涼感を感じるようにすると良いです。
こういった例を踏まえて、カップの見た目選びのポイントは主に「珈琲の色に合わせる」「気分的に良くなるデザインを選ぶ」の二つがコツであると言えるでしょう。

カップの材質

容器は主に陶器、ガラス、プラスチック等から選びます。
陶器は保温性に優れており、ホット珈琲全般に使用するには最適と言えます。逆にアイス珈琲には不向きで、表面に水滴が付きやすくテーブルが濡れてしまうためスマートとは言えません。陶器にコースターは不恰好になってしまいます。
ガラスは見栄えも良くアイス珈琲に最適ですが、ホット珈琲の場合だと気温差でガラスにヒビが入りやすいために火傷の危険性があるため、物理的にオススメ出来ません。保温性の上でも陶器に劣ります。
プラスチックは何よりその丈夫さと軽さにあります。自宅で手軽に珈琲を飲みたい時に最適と言えるでしょう。
また、水滴は付きにくく周囲の温度に左右されにくいと言った利点もあります。
反面、劣化が早く保温性はやや陶器に劣ります。ご友人をもてなす容器としてもあまりスマートとは言えませんね。
ここまでの容器の特徴や選び方をまとめると、陶器はホット珈琲に、グラスはアイス珈琲に、プラスチックは実用的にと使い分けるのが好ましいと言う事になります。
※特殊な材質として、昨今では耐熱性の高いガラス容器や水滴の付きにくい陶器等もありますが、ここでは割愛します。

使い方

使い方とは、言い換えるとシチュエーションです。
上記の見た目の項や材質の項でも少し触れましたが、気分的に楽しく感じられたり、用途に応じた容器を選ぶ等、「状況に合わせたチョイス」は珈琲の味以上に大事な事と言えます。
この項ではそういったシチュエーションでの使い分けを、一日のライフスタイルの状況に応じた使い方を解説していきたいと思います。
まずは起床時、覚醒を促す一杯にカフェインは最適です。他人を気にする事もない状況ですので、手軽なプラスチック容器で手早く済ませるか、特に用事がなくゆっくり過ごせそうな時は陶器でホット珈琲等、自身がくつろげる環境に適した好み重視の容器選びがオススメです。
続いて来客時、おもてなしする立場では特にこれまでの項での解説が活かせるでしょう。
ホット珈琲は陶器でお出しし、アイス珈琲はグラスにコースターでお出しします。
一見当たり前の事のように思えますが、自身が組み合わせで美味しく感じられるように、相手も美味しく感じられます。
後の気分で会話が楽しく円滑に進むための言わばセッティングと言えますね、結果的により美味しく珈琲を楽しめますので、怠らないように気を付けておきたい所です。
次に食事との組み合わせについて。食事と珈琲の関係も重要で、はっきり言ってしまえば珈琲に合わない食事には何をどうしても合わせる事が出来ません。
ゆえに、「食事中の珈琲」は成り立たず「食後の珈琲」と言われている理由です。
話が逸れてしまいましたが、容器と食事の関係性は特に言う事はありません。無理に食事と合わせる必要はないと言う点だけ解説させて頂きます。
シチュエーションについては以上です、主に一人の時は自身がリラックス出来るよう好みの容器を選び、他の人と過ごす際は用途に応じた容器を選ぶのが重要、と言った所です。

その他

ホット珈琲をより美味しくするには、容器をあらかじめ温めておくのがポイントです。
熱湯を陶器に注いで約40秒ほど温める事で、より冷めにくく温かさが持続するため、特に寒い季節にはオススメの方法です。
また湯気になりにくいため、香りも飛びにくいメリットがあります。
アイス珈琲はグラスのフチにギリギリまで目一杯氷を入れましょう。
こうすることにより見た目の清涼感に加えて量も少なく飲みすぎにも効果的です。氷を入れる分薄くなるので、珈琲は濃いめに入れましょう。

以上、コーヒーを美味しくするカップについての解説でした。
進行上、容器以外の解説も含まれた事についてはご容赦頂きたく思います。

-コーヒーの知識

Copyright© ネスカフェバリスタ , 2017 AllRights Reserved.