ネスカフェバリスタの情報を紹介しています

ネスカフェバリスタ

コーヒーメーカーを使った美味しいコーヒーのいれ方

投稿日:

コーヒーメーカーを使った美味しいコーヒーのいれ方

ご自宅で本格コーヒーが味わえる製品・コーヒーメーカー。念願叶ってようやく入手した、という方の中には、どうやって使ったらいいかわかりにくい、という方も多いはず。

そこで、ここではおいしく淹れるコツ・手順をご紹介していきます。これであなたも素敵な朝の目覚め・ブレイクタイムを!

コーヒー豆の品質

まずは、品質の良い珈琲豆を確保することが大切。といっても、最高級ブランドの豆を買いなさい、という意味ではありません。「新鮮な豆」がキーワードです。賞味期限も気になりますが、焙煎された日をチェックしましょう。

焙煎されて、茶色の珈琲豆になってしまうと酸化が著しく進み、劣化が早まります。すなわち品質の良い珈琲豆=新鮮=焙煎した日が近いもの。これを見つけるには、販売店の店員さんにいつ焙煎されたのかを確認することが重要となります。

次に、できれば「豆のまま」で購入しましょう。先述の豆の新鮮度にも関連しますが、「珈琲豆」と「珈琲粉」を比較すると、珈琲粉の方が空気に触れる表面積が大きいため酸化が早いです。少し手間がかかりますが、おいしく飲みたければ豆のまま購入しましょう。

豆の保存期間の目安としては、豆の場合は1ヶ月~1ヶ月半ほど、粉の場合はもう少し短くて2~3週間ほどとなります。いずれも、開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫に、長期保存の場合は冷凍庫に入れて管理しましょう。

コーヒーの淹れ方

さて、メインであるコーヒーの淹れ方を見ていきましょう。まずは、コーヒーメーカーにセットするお水選び。一般的には、軟水がいいとされていますが、あくまでお好みで大丈夫です。あまり軟らかすぎたり硬すぎるお水はおすすめしません。

ペーパーフィルターの折り方にもコツがあります。ペーパーフィルターの圧着部分を互い違いに折りましょう。お湯を注ぐ前に、フィルターに入れた粉の表面を平らにしておくのも忘れずに。

次に、人数分をきちんと計量しましょう。計量を緻密に行うことで、常に一定のクオリティの味をキープできます。一般的には、1杯当たり珈琲豆(粉)8~15gで、120~140cc抽出できます。1人分で粉を山盛り1杯、水は150cc、抽出量は140cc。

2人分は2杯、水は300cc、抽出量は280cc。3人分は3杯、水は450cc、抽出量は420ccといった数値が目安となります。もちろん、こちらを基準にお好みの濃度を調節してみてください。

ただし、おいしく淹れるコツとしては、1人分よりも2人分・3人分と一度に作る分量が多いほどおいしくなるという点も見逃せません。一人で静かに飲むのも良いですが、みんなで楽しく飲むのも良いではないでしょうか。1人分の際、少し多めに(先程、山盛りにと記述したのはこのため)粉を盛るとよりおいしくなります。

おいしく入れるには、豆を粉末にするタイミングも重要です。ベストなタイミングは、珈琲を作る直前に粉砕して、粉末にすること。ペーパーフィルター用なら中挽きです。ご存知の方も多いですが、豆は挽いた時(粉になった時)が一番良い香りを発します。おいしく飲むためには、飲む直前に粉を挽くのが理想的です。

ちなみに、珈琲豆の挽き方は、粗過ぎると味が薄くなり、細か過ぎると味は濃くでますが嫌な苦味・渋みも出てしまいます。お使いの器具・お好みにあった挽き方をしましょう。また、連続して淹れるとお湯の温度が上がり、おいしくなくなります。少し間隔を空けた方が良いでしょう。

そして、粉末をペーパーフィルターに入れて、珈琲粉の表面を平らにならすのですが、なかなか平らにならないときは、軽く振りながら粉の表面を平らにすると良いでしょう。

ここでコーヒーメーカーのスイッチオンにして完了。

飲み方のコツ

また、飲む前のコツとしては、待っている間にコーヒーカップを温める、というのもポイントが高いです。他にも20〜30秒、蒸らしの時間を作るのも良いですね。

完成したら、温かいうちに飲みましょう。おいしくできましたか?もちろん、濃いめ・薄め、ミルク・シュガー派、ブラック派など、正しい飲み方は何通りもあるので、あなたに合う飲み方を楽しんでみてくださいね。

電話や宅配の到着など、飲むタイミングを逃した場合、再加熱が必要ですが、その場合は湯煎がおすすめです。手鍋で沸かす場合、鍋の縁がチリチリといった音を発したぐらい(70〜85℃ほど)で火を止めると良好です。

グラグラと沸騰させてしまうと、酸化して嫌な味が出てしまうため注意してください。もしタイミングが難しければ、電子レンジで温めるのが一番無難でしょう。

ちなみに、コーヒーメーカーを選ぶ際の注意点も見ておきましょう。日本国内で製造・販売されている製品ならばさほど気になることはないでしょうが、たまにコーヒーを作ったときに、コーヒーメーカーのプラスチック臭が強いものがあります。

この点に関しては、製品を購入した際、使用する前に何度かお湯を通すことで解決できることもありますが、それでも解決できない場合、メーカーに問い合わせる必要があります。できるだけ国産品が良いでしょう。

-コーヒーの知識

Copyright© ネスカフェバリスタ , 2017 AllRights Reserved.