ネスカフェバリスタの情報を紹介しています

ネスカフェバリスタ

ネスカフェ バリスタで飲む「香味焙煎深み」「香味焙煎丸み」「香味焙煎究み」の違い

投稿日:

ネスカフェ 香味焙煎
自宅で美味しいコーヒーを淹れることができるとして話題になっているのが、ネスカフェバリスタです。レンタルサービスも展開していることから、利用している人が増えています。今回は、ネスカフェバリスタで使用できるエコ&システムパックから「香味焙煎深み」「香味焙煎丸み」「香味焙煎究み」の違いを徹底解説していきましょう。

香味焙煎とは? こだわりと豆の収穫地

香味焙煎とは、ネスカフェから出されているコーヒーのシリーズであり、こだわり抜いた製法を使用して作られています。そのこだわりは、旬によって豆の収穫地まで変えてしまっているのです。ネスレが選び抜いたこだわりの豆を使用し、収穫最盛期の中でもごく限られた時間(コーヒー豆の旬)だけを使用しています。特に鮮やかに実った真っ赤な完熟前も一粒一粒丁寧に手摘みしたコーヒー豆をブレンドして作られているのです。香味焙煎のこだわりの一つが、旬の豆を使用することと丁寧に手摘みすることにあります。

そして、もう一つのこだわりが、丁寧に時間をかけて素材の良さを最大限に引き出す焙煎方法にあります。絶妙な火加減によって香りが引き立つ美味しいコーヒーを作り出しているのです。

また、丁寧に焙煎した豆を微粉砕し、大切に包むことで、コーヒーを淹れた時にそのままの美味しさを提供してくれます。包んでいる挽き豆の部分にも旬の豆を使用しているので、美味しさを損なうことなくお届けすることが可能となりました。

それぞれの旬の地域から選ばれたコーヒー豆により、「香味焙煎深み」「香味焙煎丸み」「香味焙煎究み」と分けられ、特徴あるコーヒーを販売しています。旬の地としてグアテマラとコスタリカから収穫した豆を使用しているのですが、グアテマラ産の物は甘い香りと上品な酸味、芳醇な風味と爽やかなキレのいい味わいが特徴です。また、コスタリカ産の豆は、甘味を伴った酸味と豊かなコク、さらにはフルーティーな香りが特徴と言われています。これらの産地の豆を使用することで味わい深いコーヒーをご家庭でも楽しむことができるのです。好みによって飲み分けることができるのも香味焙煎シリーズの魅力でしょう。

香味焙煎深みと香味焙煎丸みの違い

香味焙煎シリーズである「香味焙煎深み」と「香味焙煎丸み」の違いについて説明していきましょう。
●「香味焙煎深み」
コスタリカ産の旬豆を使用しています。フルーティーな味わいが特徴であり、甘味の中に酸味と豊かなコクがあるコーヒーです。淹れ立ての濃厚な香りと香ばしさ、さらにはコクが折り重なった深みのある味わいを実現しています。

●「香味焙煎丸み」
こちらは、グアテマラ産の旬豆を使用して作られています。グアテマラ産の特徴である、芳醇な風味と爽やかなキレが特徴のコーヒーです。甘い香りの中に上品な酸味があり、苦みと酸味のバランスがとれていることから、丸みのある味わいを実現しました。

この2つのコーヒーの違いは、使用されている豆の産地にあるでしょう。苦味や酸味がお好みの方には、「香味焙煎深み」を、苦味や酸味が好みではないという方には「香味焙煎丸み」がオススメです。

ネスカフェバリスタを使用している場合、ミルク系のメニューを作りたい時には「香味焙煎深み」を、ブラックで飲みたい場合は「香味焙煎丸み」を使用するとより美味しくいただくことができるでしょう。基本的にどちらの味も好みに左右されるところではありますが、酸味がどれぐらいあるのかを重点に選ぶようにすると美味しく淹れることができます。ネスカフェバリスタは、一杯ごとに入れ替えることができないのですが、好みに合わせて入れ替えることはできません。もし自分の好みに合わせて淹れるのであれば、コーヒーカップで手作りするのが良いでしょう。コーヒーパウダー自体は、インスタントタイプとネスカフェバリスタで使用するエコ&システムパックの2種類販売されています。用途に応じて使い分けるのもオススメです。

最高峰の香味焙煎究みとは

ネスレ日本から、10月1日(木)に新発売された「香味焙煎究み」。ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒーの中で最高傑作と呼ばれるほどのコーヒーです。販売価格は35gで1800円、エコ&システムパックは30gで1500円で販売されます。こちらの販売は、ネスレ通販オンラインショップと「つきぢ田村、全国田村会を中心とした日本料理店」の店頭のみで限定販売されています。ただし、お歳暮シーズンである11月1日からは全国の主要百貨店向けのギフトアソート製品として販売されることがわかっています。限定で販売されているレア感にプラスして、価格も高めということもあり、特別な日に飲みたいコーヒーです。

「香味焙煎究み」は、日本料理の名店である「つきぢ田村」の主人であり、現代お名工、厚生労働大臣賞を受賞した田村隆氏と共同開発されたことでも話題になっています。コンセプトは産地よりも旬であることに血着目。香味焙煎シリーズのモットーである旬の産地を選ぶというところを前面に考えて作りだされたコーヒーでもあります。また、その特長を最大限に生かす焙煎方法・ブレンド・抽出を行い、美味しいコーヒーを味わうことに成功しました。

コーヒー豆をたっぷり使用することで、雑味が少なく奥深い味を実現することができました。また、淹れ立ての香り豊かな味わいを楽しむことができます。ただし、香りが損なわないように賞味期限(開封前)は他の物とは異なり、インスタントコーヒータイプが9カ月、エコ&システムパックは6か月と短くなっているのも特徴です。それだけこだわりを持って作られたブレンドコーヒーであることがわかりますね。ネスカフェバリスタを使用して、まずはブラックコーヒーとして味わってみませんか。

まとめ

ネスカフェバリスタで楽しむことができる焙煎シリーズですが、それぞれに特徴があることがわかりました。特に10月1日から発売された「香味焙煎究み」は限定での販売ということもあり、注目されています。ネスカフェバリスタを使用している人は、ぜひオンラインショップで注文してみましょう。自宅で本格的なコーヒーを堪能することができます。また、11月1日からは全国の百貨店でお歳暮のアソートギフトとして購入することが可能ですので、大切な人への贈り物にも適していると思います。まずは自分の舌でどれだけの違いがあるのかを味わってみましょう。

-ネスカフェバリスタ

Copyright© ネスカフェバリスタ , 2017 AllRights Reserved.